学ぶ・知る

新世界で「食育カーニバル」-子どもが野菜の収穫体験など

新世界で子どもが野菜の収穫体験

新世界で子どもが野菜の収穫体験

  •  

 新世界・スパワールド世界の大温泉(大阪市浪速区恵美須東3)入り口前などで11月2日、子どもが野菜の収穫体験などができるイベント「触れて学んで! ファミリー食育カーニバル」が始まった。主催は日本食道学協会(北区)。

ピザ職人の実演

 会場では、やなもり農園(箕面市)で栽培したダイコン、ニンジンなどの野菜をプランターで子どもが収穫体験(有料)できるほか、輪投げ、キャラクターすくいなども用意。手洗いを教わるワークショップでは、きれいに洗えているかどうかを「手洗いチェッカー」を使って確認する。

[広告]

 飲食コーナーではピザ職人が実演する。ステージでは、エイベックス・アーティスト・アカデミーのパフォーマンス、野菜ソムリエによる野菜クイズなども催す。

 今年8月に発足した同協会は子どもらに「自ら育て、自ら収穫し、自ら食べる」を体験させることで家族と触れ合う場所を提供し、収穫祭などの食道学体験ツアーを実施していくという。

 開催時間は10時~19時。今月4日まで。