見る・遊ぶ

あべのハルカスで階段垂直マラソン 1階から60階まで駆け上がる

あべのハルカスの階段がコースの「ハルカス・スカイラン」(17階で撮影)

あべのハルカスの階段がコースの「ハルカス・スカイラン」(17階で撮影)

  •  
  •  

 階段垂直マラソン「HARUKAS SKYRUN(ハルカス・スカイラン)」が11月10日、日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)で開かれた。

あべのハルカス1階のスタート地点

 2019年階段垂直マラソン世界シリーズの最終戦となる「2019 Vertical World Circuit 大阪大会 HARUKAS SKYRUN」。今年の世界シリーズは4月にソウルで始まり、ミラノ、ホーチミン、パリ、ニューヨーク、ロンドン、北京、上海、ドバイで開催された。競技は超高層ビルの頂上を目指して階段を駆け上がるタイムトライアル形式のマラソンレース。ハルカスでは1階~60階(階段数1610段)がコースとなる。

[広告]

 当日は約1500人が参加。エリートランナー枠では、男子はマーク・ボーン選手(オーストラリア)が8分29秒、女子はスージー・ワルシャム選手(オーストラリア)が10秒18秒のタイムで、それぞれ優勝した。

 今回は「より高みを目指して日本一を駆けあがれ」をコンセプトにしたチーム「ハルカススカイラインアッパーズ」を発足。チームリーダーに東京2020オリンピック飛込競技の日本代表に内定している寺内健選手が就任し、レースにも出走した。

 寺内選手は「予想よりきつかった。30階ぐらいまではひょいひょいと行けると思っていたが、10階ぐらいから急に脚が重くなった」と話し、タイムが15分27秒を聞かされると「あー遅い。そんなものか」と悔しい表情を見せた。東京2020オリンピックについては「ずっとメダルに向けてやってきた」と意気込んだ。

  • はてなブックマークに追加