プレスリリース

「ホワイト物流」推進運動の自主行動宣言を提出

リリース発行企業:日本ペイントホールディングス株式会社

情報提供:


日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長兼社長CEO:田中正明 以下NPHD)のグループ会社である日本ペイント株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長 喜田益夫)、日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社(本社:大阪府枚方市、代表取締役社長 牟禮章一)、日本ペイント・インダストリアルコーティングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 塩谷健)の3社 の国内主力グループ会社は、国土交通省・経済産業省・農林水産省が提唱する「ホワイト物流」推進運動に賛同し、自主行動宣言を提出しました。




 「ホワイト物流」推進運動とは、深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的とし、「トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化」、「女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現」に取り組む運動です。

【物流効率化に向けた日本ペイントホールディングスグループの主な取り組み】
NPHDグループでは、物流効率化に取り組んでおり、その活動の一部として、以下の取り組みを実施しております。


栃木工場発着便のまとめ輸送推進による積載率改善
大阪流通センターを起点とした発着便の車両待機時間削減






【ホワイト物流自主行動宣言】
日本ペイント株式会社、日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社、日本ペイント・インダストリアルコーティングス株式会社が、持続可能な物流の実現に向けて宣言した自主行動は、以下の通りとなります。




NPHDグループは、社会を支える塗料の輸送において、物流事業者と協力し、持続可能な物流体制の構築にむけて、継続的に取り組んでまいります。
以 上

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019