見る・遊ぶ

近大文芸学部、ハルカスで展覧会「近大芸術」-創部25周年記念

あべのハルカス

あべのハルカス

  •  

 あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)タワー館11階・美術画廊で8月29日から、近畿大学(東大阪市)文芸学部による展覧会「近大芸術」が開催される。

「海乃幸柄硝子大皿」鋳造ガラス

 同学部の創部25周年記念事業の一環として開く同展。芸術学科造形芸術専攻の在校生、卒業生、教員合わせて70人余りの約130作品を展示・販売する。

[広告]

 会期中、同大教員によるギャラリートークも日替わりで展開。各日14時から30分程度を予定する。

 日本一高いビル「あべのハルカス」に今年6月、一部先行オープンした同店。今回の展覧会により、若者を中心とする新しい客層が画廊に足を運び、出会いの場を創出することを目指すという。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。入場無料。9月4日まで。