通天閣地下スタジオにお化け屋敷「死ん世界」-今夏限定登場

大阪名物!通天閣お化け屋敷 死ん世界

大阪名物!通天閣お化け屋敷 死ん世界

  •  
  •  

 通天閣(大阪市浪速区恵美須東1)地下のスタジオ210で7月12日から、「大阪名物!通天閣お化け屋敷 死ん世界」が開催される。主催は東映などで構成する実行委員会。

通天閣地下 スタジオ210

 ストーリーは、通天閣地下に棲み着いたさまざまな幽霊、怨霊、呪縛霊たちが通天閣、大阪を死後の世界にして、人々に災いをもたらそうとしている。大阪を救うために、来場者が「死ん世界」に入り、たたりを封印する。ただし、死者の世界に入るのに一度死者になる必要がある。

[広告]

 会場では「来場者が驚くような」仕掛けや演出を行うという。東映は2年前、梅田でお化け屋敷「とおりゃんせ」も開き、多くの人を集めた。

 地下は今月末に松竹芸能が開いている寄席「TENGEKI」、歌謡ショー「通天閣歌謡劇場」が賃貸借契約の期間満了で終了する予定。通天閣を運営する通天閣観光は「(お化け屋敷)以後の活用方法は検討中」という。

 開催時間は15時~20時。日曜・土曜・祝日(8月12日~16日も)は12時~20時。入場料は800円。9月8日まで。

  • はてなブックマークに追加