食べる

あべのHoopにパンケーキ専門店「バター」-同店限定メニューも

あべのHoopにパンケーキ専門店「バター」(写真=苺ととろけるクリームブリュレのパンケーキ)

あべのHoopにパンケーキ専門店「バター」(写真=苺ととろけるクリームブリュレのパンケーキ)

  •  

 ファッションビル「Hoop」(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)地下1階グルメガーデンに12月13日、パンケーキ専門店「Butter(バター)あべのHoop」(TEL 06-6629-2333)がオープンする。運営はスイーツデザインラボ(吹田市)。

「Butter(バター)あべのHoop」の店内

 同店は、昨年8月に吹田市江坂に1号店をオープンし、淀屋橋、茶屋町、阪急梅田に続き5店舗目。高級発酵バターを使うパンケーキなどを提供。あべのHoop店は店舗面積65.66坪で席数は124席。席数は既存店と比べて最大という。

[広告]

 主なメニューは、北海道生乳ソフトクリームとメープルシロップが付いた「プレミアムパンケーキ」(2枚、980円)、「ベーコンエッグとバジルソーセージのパンケーキ」(1,280円)、「苺ととろけるクリームブリュレのパンケーキ」(1,350円)などのほか、新作メニューの「メープル発酵バターのクレープロールパンケーキ」(680円)、「リンゴのバターソテーとラムレーズンクレープパンケーキ ~北海道生乳ソフトクリーム添え~」(1,250円)も用意。

 あべのHoop限定メニューとして、豆乳バターミルクパンケーキ生地を焼き上げ、ロールしたパンケーキにブリー・ド・モー(フランスのチーズ)をムースクリームにして添えた「プリー・ド・モーのムースクリームとさがほのか苺のクレープロールパンケーキシュゼット」(1,350円)を用意。今月25日までの限定メニューとして、「ぜいたく苺とピスタチオのクリスマスパンケーキ ~チョコフォンデュ&自家製 苺コンフィチュール付き~」(2人用、2,800円)も提供する。

 ホテルで修業を積んだというシェフの岡崎馨さんは「材料にこだわって、シロップにも発酵バターを使っている。注文を聞いてから焼くので、席に届くのに15分くらいかかる。(既存店は)ゆっくりと滞在する女性客が多い」と話す。

 営業時間は11時~23時。