あべので自転車マナーアップ推進-セレッソ大阪・酒本選手ら啓発隊長に

「自転車マナーアップキャンペーン」にセレッソ大阪の酒本選手(写真左)、森島寛晃さんも。

「自転車マナーアップキャンペーン」にセレッソ大阪の酒本選手(写真左)、森島寛晃さんも。

  •  

 あべのマーケットパーク キューズモール(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)3階スカイコートで11月2日、「自転車マナーアップキャンペーン」イベントが開催された。

リフティングを披露するセレッソ大阪の酒本憲幸選手

 同キャンペーンは、自転車利用に関するルールの徹底とマナーの向上、路上放置の防止を目的に展開。今月が自転車マナーアップ強化月間。大阪府・大阪府警察など26機関で構成する大阪府交通対策協議会が主催した。

[広告]

 この日は、大阪のプロサッカークラブ「セレッソ大阪」の酒本憲幸選手、元日本代表で現在は同チームのアンバサダーを務める森島寛晃さんが登場。課外授業の一環で訪れた高校生約50人を相手に交通マナーのクイズ大会などが行われた。酒本選手と森島さんには、自転車マナーアップ啓発隊長に任命するタスキが掛けられた。

 酒本選手は「ルールやマナーについて勉強させてもらった。サッカーを通じて自転車のマナーアップを伝えたい」、森島さんは「スポーツにルールがあるように自転車に乗るのにもルールがある。ルールを守って安全に乗ってほしい。これからマナーを守る大切さを大阪の皆さんに伝えていきたい」と、それぞれ抱負を語った。

 森島さんは近鉄・大阪阿部野橋駅でもチラシを配るPR活動を行った。