学ぶ・知る

天王寺動物園に新施設「ふれんどしっぷガーデン」 動物を間近に観察

ミミナガヤギを観察する園児(25日の内覧会で)

ミミナガヤギを観察する園児(25日の内覧会で)

  • 23

  •  

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)に4月27日、新施設「ふれんどしっぷガーデン」がオープンする。

【動画】天王寺動物園に新施設「ふれんどしっぷガーデン」

[広告]

 同施設は、2016(平成28)年に策定した「天王寺動物園101計画」に基づき、「人と共に生きる動物の意味と、そのあたたかさを知る」をコンセプトに整備した。一部エリアをウオークスルーにすることで動物を間近に観察できるようにし、動物が観察から避難できるスペースも用意した。ふれあい広場で飼育してきたテンジクネズミ、ヒツジ、ミミナガヤギ、ヤギ、野間馬を展示する。

 25日に行われた内観会には、近隣の保育所の園児らが参加。間近に動物を見て喜ぶ様子を見せていた。

 同園の安福潔副園長は「『ふれんどしっぷガーデン』という名前に込められているように、一般にある『ふれあい』という言葉を使っていない。一方的に人間が触りに行くという欲求を満たすものではなく、動物の意思を尊重するところから、動物の福祉が始まるので、嫌がる動物を無理やり触りにいかないとか、動物の反応や行動を見て人間の行動を決めてもらう。動物の福祉を考えてもらえる施設になれば」と期待を寄せる。

 新たな通年イベントとして、おやつを入れるフィーダー(給餌器)の準備に参加し、飼育担当者の解説を聞きながら、動物が工夫しておやつを食べる様子を観察できる「みんなでつくる、あそびじかん」を開く。開催時間は11時~、13時~、15時~(各回20分程度)。参加費は500円。

 開園時間は9時30分~17時。月曜休園(休日の場合は翌平日)。入園料は、大人=500円、小中学生=200円ほか。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース