見る・遊ぶ

あべのルシアスでミルクボーイが漫才 「オリンピックの開会式で漫才したい」

あべのルシアスでミルクボーイが漫才

あべのルシアスでミルクボーイが漫才

  •  
  •  

 あべのルシアス(大阪市阿倍野区)1階Aステージで1月26日、ミルクボーイらが登場する「よしもと初笑いステージ」が開かれた。

しずちゃんが「私のあべの・天王寺」をテーマに描いた絵を披露

 当日はM-1グランプリ2019優勝のミルクボーイのほか、祇園、ツートライブ、空気階段が漫才を披露し、多くの観客が集まった。

[広告]

 ミルクボーイは出演者とのトークで、駒場孝さんが今年の抱負を「オリンピックの開会式で漫才したい」と話し、内海崇さんが「地元の兵庫県姫路市に凱旋で営業に行くと、100人ぐらいの規模のステージに2000人集まった。兵庫県警が護衛してくださって、僕の回りに20人ぐらいの警察官がいて、見た感じが捕まった議員さんみたい。(M-1から)ガラッと変わった」と近況を明かした。

 併せて、「あべの・天王寺イラスト大賞」表彰式も開催。審査委員長を務めた「しずちゃん」こと山崎静代さん(南海キャンディーズ)が、今回の応募テーマである「私のあべの・天王寺」をテーマにした絵を披露した。中学生以上大人部門の大賞には三好伸輔さん、小学生以下部門の大賞には金田玲奈さんが、それぞれ選ばれた。

  • はてなブックマークに追加