見る・遊ぶ

通天閣で恒例行事「新世界振る舞い酒」 歌手やモデルが参加

(左から)小島さちさん、むんむさん、吉野悦世さん、中村美優さん

(左から)小島さちさん、むんむさん、吉野悦世さん、中村美優さん

  •  
  •  

 新世界の通天閣(大阪市浪速区)下で1月10日、今宮戎神社(同)の十日戎(えびす)に合わせて開く恒例行事「新世界振る舞い酒」が行われた。主催は新世界町会連合会。

クレイズアソシエイションのモデル5人

 振る舞い酒は30年以上続く恒例行事。新世界は十日戎の帰りに寄る人が多く、この時期は福笹を持つ人が目立つ。

[広告]

 今年は、通天閣のおやゆび姫の愛称で親しまれる演歌歌手の吉野悦世さんが司会を務め、歌手の小島さちさん、中村美優さん、むんむさんのほか、モデル事務所「クレイズアソシエイション」の益田あゆみさん、小日向萌さん、Janet真夢叶さん、美菜子さん、山瀬福代さんが参加し、たる酒を振る舞った。

 吉野さんは「1年に1回、こうして街の方や昔から応援してくださっている方が遊びに来てくれて、声をかけてくれるのがうれしい」と振り返り、「今年は歌やお芝居だけでなく、マルチに活動したい」と意気込む。