食べる

天王寺ミオに「みたらし小餅茶屋」 30周年記念で初出店、みたらし小餅パイも

「みたらし小餅パイ」をテークアウトで販売する「みたらし小餅茶屋」(JR天王寺駅構内側)

「みたらし小餅パイ」をテークアウトで販売する「みたらし小餅茶屋」(JR天王寺駅構内側)

  •  
  •  

 みたらし小餅専門店「みたらし小餅茶屋」が4月17日、天王寺ミオ(大阪市天王寺区)本館1階にオープンした。

【動画】みたらし小餅の専門店「みたらし小餅茶屋」

 創業1630年の和菓子店「千鳥屋宗家」(兵庫県西宮市、本店は大阪市中央区)が大阪名物として提供し、親しまれている「みたらし小餅」の30周年を記念し、全国初出店。JR天王寺駅構内にテークアウト店も併設する。店舗面積は約28坪で、席数は48席。

[広告]

 同店限定で「みたらし小餅パイ」(テークアウトは278円)も用意。みたらし小餅と芋餡(あん)をパイで包んだ商品で、焼きたてを提供する。

 主なイートインメニューは。「みたらし小餅3個とほうじ茶セット」(200円)、「みたらし小餅パイとほうじ茶セット」(278円)、「みたらし小餅ぜんざい」「みたらし小餅かき氷」(以上520円)、「抹茶ラテ」(350円)など。価格は全て税抜き。

 営業時間は10時~21時(JR天王寺駅構内のテークアウトは9時~)。

  • はてなブックマークに追加