見る・遊ぶ

大阪市立美術館「フェルメール展」開幕 コラボグッズも

神戸の洋菓子店「アンテノール」とコラボした「アンテノール ラング・ド・シャ・ショコラ」

神戸の洋菓子店「アンテノール」とコラボした「アンテノール ラング・ド・シャ・ショコラ」

  •  
  •  

 特別展「フェルメール展」が2月16日、大阪市立美術館(大阪市天王寺区、天王寺公園内)で始まった。会場では同展の開催を記念したさまざまグッズを販売する。

「フェルメール展」re-wrapトートバッグ

 現存する作品が35点といわれ、その希少性と神秘的な魅力から世界屈指の人気を誇る17世紀のオランダ絵画の黄金期を代表する画家ヨハネス・フェルメール(1632-1675年)の展覧会で、東京に続き開催。日本初公開となる「取り持ち女」や、「恋文」「マルタとマリアの家のキリスト」「リュートを調弦する女」「手紙を書く女」「手紙を書く婦人と召使い」の計6点を紹介するほか、同時代の画家の作品39点も展示する。

[広告]

 グッズはオランダ生まれのミッフィー(うさこちゃん)がフェルメールの「牛乳を注ぐ女」になった「牛乳を注ぐミッフィー」(大=3,888円、小=2,592円)、神戸の洋菓子店「ANTENOR(アンテノール)」とコラボした「アンテノール ラング・ド・シャ・ショコラ」(15枚入り、1,200円)、「re-wrapトートバッグ」(3,500円)など。

 開館時間は9時30分~17時。入館料は、一般=1,800円、高校生・大学生=1,500円。中学生以下、障害手帳提示は無料。2月25日、3月4日・11日・18日は休館。5月12日まで。

  • はてなブックマークに追加