天気予報

21

18

みん経トピックス

ハルカスでエッシャー展天王寺動物園で無料招待企画

あべのハルカス美術館「ジブリの立体建造物展」閉幕 過去最高35万人

あべのハルカス美術館「ジブリの立体建造物展」閉幕 過去最高35万人

開催期間中は美術館入口前に行列

写真を拡大 地図を拡大

 あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)で2月5日、展覧会「ジブリの立体建造物展」が閉幕し、同館史上最多の35万1597人が来館した。

「ジブリの立体建造物展」はジオラマも展示

 「ジブリの立体建造物展」は、スタジオジブリが手掛けた「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、作品に登場する建造物の背景画や美術ボード、ジオラマなど約450点を展示。これまで東京、愛知などを巡回し、今回が最後の会場となる。開催期間は12月2日から63日間。期間中は多くの人が訪れたため、同館では整理券を配布するなどして対応した。

 同館では、「北斎-富士を超えて-」(10月6日~11月19日の40日間)の26万6118人がこれまでの最多来館者数だったが、今回の「ジブリの立体建造物展」が更新した。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)で5月23日、「第3回小鳥のアートフェスタ in ABENO」が始まった。「ことりみなか」(写真左)と「とりたま」などのオリジナル菓子も販売。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング