見る・遊ぶ

阪堺電車「路面電車まつり」にぎわう 謎のキャラ「ろでん君」も登場

謎のキャラ「ろでん君」と阪堺電車161号車

謎のキャラ「ろでん君」と阪堺電車161号車

  •  

 阪堺電車あびこ道車庫(大阪市住吉区)で6月11日、恒例イベント「第18回 路面電車まつり」が開かれた。

子どもたちが参加した「ちんちん電車と綱引き」

 6月10日の「路面電車の日」を記念し、普段は立ち入ることができない車庫を開放する同イベント。毎年多くの鉄道ファンが集まり、車両の展示や鉄道グッズの販売などを行う。

[広告]

 今回は昨年に続き、小学生以下が対象の「ちんちん電車と綱引き」も行われ子どもたちを喜ばせた。部品販売では、1月に廃止された「住吉公園駅」関連の記念ヘッドマーク、駅名板などレアなアイテムが出品されることもあり、一部オークション形式で販売した。

 ステージイベントでは鉄道好きで知られるタレントの斉藤雪乃さんが司会を務め、ちん電くん(阪堺電車)、ラピートくん(南海電鉄)などのキャラクターも登場。鉄道・バス会社のPRも展開した。

 会場には、一般来場者に紛れて阪堺電車の161号車をモチーフにした非公認のキャラクター「ろでん君」が昨年に続き登場。クイズ大会に参加したり、記念撮影に応じるなどした。ろでん君は「奈良には兄弟分のリニー君もいる。そちらもよろしくお願いします」と話す。