天王寺動物園に「テンジクネズミ」と触れ合えるコーナー

なでられるテンジクネズミ

なでられるテンジクネズミ

  •  
  •  

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)は10月6日、「テンジクネズミふれあいコーナー」を開設した。

白色のテンジクネズミ

 同日、ヒツジやヤギなどを飼育している「ひつじ広場」が、テンジクネズミ(モルモット)と触れ合えるコーナーも加えた「ふれあい広場」にリニューアルした。

[広告]

 15匹が仲間入りしたテンジクネズミとの触れ合いは1日3回(各回15分)。開始時間は14時、14時30分、15時。各回の最大人数は16人で、参加方法は予約表に記入する。参加無料(動物園の入園料要)。同コーナーの開設に向け飼育スタッフが約1カ月間、テンジクネズミをならしたという。

 当日は、飼育スタッフが説明した後、参加者はかごに入ったテンジクネズミの背中をなでた。参加者は「かわいい」「温かい」「さらさらしてる」などと話していた。テンジクネズミは一様におとなしかった。

 開園時間は9時30分~17時。入園料は、大人=500円、小中学生=200円ほか。月曜休園(月曜が休日の場合は翌平日)。

  • はてなブックマークに追加