大阪のご当地アイドル「オバチャーン」、通天閣で痴漢撃退ソング初披露

オバチャーンが痴漢撃退ソング初披露

オバチャーンが痴漢撃退ソング初披露

  •  

 通天閣(大阪市浪速区)地下わくわくランドで7月24日、大阪のご当地アイドルユニット「オバチャーン」が新曲の痴漢撃退ソング「夜道は☆ダンスフロア」を初披露した。

オバチャーンが振り向きポーズ

 大阪のおばちゃん13人で構成する同ユニットは平均年齢が60歳以上。「大阪のおばちゃんパワーで世界を元気に」がコンセプトで2011年に結成。2012年にユーチューブに公開したデビュー曲「オバチャーンのテーマ」の再生回数は約80万回。昨年11月に発表した「オバレゲエ」でCDデビューを果たした。今年はUSENのJ-POPチャートで最高6位に上り、さまざまなメディアに登場するなど大きな話題になっている。

[広告]

 今回の痴漢撃退ソングは「振り向き美人大作戦」と題し、大阪の強制わいせつ犯罪の全国ワースト1を返上しようとオバチャーンが企画した。CDの販売予定はないが、同日にユーチューブでミュージックビデオを公開。女性が暗い夜道を歩くとき、時折振り向くことで痴漢やひったくり犯をおびえさせ、犯罪を未然に防ごうという内容になっている。

 当日は、観客を前に同曲などを披露。大阪府警の吉田賢治警部とメンバーが「性犯罪の現状と対策」についてのトークショーも開いたほか、女子大生2人に振り向きのレッスンも行った。

 吉田警部は「犯人は顔を見られるのがいやなので(振り向きは)効果的。歩きスマホもやめてほしい」と話す。センターを務める舟井栄子さんは「夜道を歩くとき、後ろから足音がしてきたなと思ったら何回でもいいから振り向いて。(この曲で)痴漢が減ってくれたら」と期待を寄せる。