あべのハルカス近鉄本店が全館開業-日本最大の百貨店に

ヤングレディス専門店街「solaha」

ヤングレディス専門店街「solaha」

  •  
  •  

 3月7日にグランドオープンする日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)の百貨店「あべのハルカス近鉄本店」が2月22日に全館オープンし、営業面積10万平方メートルで日本最大の百貨店となった。

ソラハちゃんが登場

 同店は高さ300メートルのタワー館地下2階~14階部分と旧本店だったウイング館地下2階~9階部分で昨年6月、近鉄百貨店阿倍野本店から名称変更して一部先行オープンした。同日、105店で構成するヤングレディス専門店街「solaha」、一部工事中だったデパ地下「あべのフード・シティ」が全てオープンし、催事などで利用していた「近鉄アート館」が13年ぶりに演劇事業を再開する。

[広告]

 飲食店44店舗で構成するレストラン街「あべのハルカスダイニング」、百貨店初の屋上貸し菜園、市民活動団体などが活動できるスペース「街ステーション」(8カ所)を設けるなど買い物以外に利用できる時間消費型ストア化を目指している。

 地上高さ300メートルの同ビルは3月7日、大阪マリオット都ホテル、展望台「ハルカス300」が開業。さまざまなオープニングイベントを予定する。

 同店の年間予想来店客数は4500万人。初年度の目標売上高は1,450億円(百貨店部分の売上高と専門店部分の取扱高の合計)。

  • はてなブックマークに追加