3密を避けて新しい生活様式へ!

特集

【動画】近鉄・新型名阪特急「ひのとり」試乗会レポート  プレミアムシートを体験

  •  
  •  


 近畿日本鉄道は2月5日、新型特急「ひのとり」の報道陣向け試乗会を開き、大阪上本町駅~榛原駅間を運行した。
 
 3月14日にデビューする「ひのとり」は「くつろぎのアップグレード」がコンセプトで、日本で初めて全席に後部座席の乗客に気兼ねなくリクライニングできるバックシェルを設置。1号車と6号車の両先頭がプレミアム車両、2号車~5号車がレギュラー車両で編成定員は239人。コーヒーサーバーなどのカフェスポット、トイレ、ロッカー、喫煙室を設け、無料Wi-Fiや全車両に空気清浄機「ナノイー」も備える。製造両数は6両編成×8編成、8両編成×3編成の全11編成計72両。
 

プレミアム車両

新型名阪特急「ひのとり」プレミアムシート
プレミアムシート
 
新型名阪特急「ひのとり」プレミアム車両
大きな窓が特徴のプレミアム車両
 
 プレミアム車両は全席3列シートで、後部座席の乗客に気兼ねなくリクライニングできるバックシェルを設置。本革を使用した座席で前後幅は130センチで従来のアーバンライナーよりも25センチ広くした。座席には電動リクライニング、電動レッグレストを備える。
 
レギュラー車両

 レギュラー車両も全席にバックシェルを設置。座席前後幅は116センチで、レギュラー席としては同社最大。

カフェスポット挽きたてのコーヒーが楽しめるカフェスポット

近鉄新型名阪特急「ひのとり」ベンチスペースベンチスペース

近鉄新型名阪特急「ひのとり」
メタリックレッドの外観

 そのほか、デッキ、大型荷物置き場に防犯カメラを設置。全席にコンセントを設置。衝突事故時の安全に配慮した車体設計にした。

 運行区間は、大阪難波~近鉄名古屋間を約2時間で結び、大阪難波~近鉄奈良間でも一部の特急に運用する。特別車両料金は大阪難波~近鉄名古屋間でプレミアム車両が5,240円(運賃=2410円、特別料金=1,930円、特別車両料金=900円)、レギュラー車両が4,540円(運賃=2410円、特別料金=1,930円、特別車両料金=200円)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home