天気予報

19

13

みん経トピックス

特集

エリア特集2016-09-01

近畿日本鉄道 観光特急「青の交響曲」試乗会レポート

近畿日本鉄道の南大阪線・吉野線で9月10日、大阪阿部野橋駅と吉野駅を結ぶ「上質な大人旅」がコンセプトの観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」がデビューします。8月26日に行われたプレス向け試乗会の様子をレポートします。



青の交響曲は一般車両(6200系)を改造。3両1編成で定員は65人。外装は落ち着いた濃紺色にゴールドのラインをあしらっているほか、前面や側面にエンブレムなどの装飾を施しています。

青の交響曲


大阪阿部野橋駅に到着した「青の交響曲」。ミュージックホーンが装備され、クラシック曲をアレンジした曲が流れます。

青の交響曲の車内


座席は全て2列+1列で幅広のデラックスシート

青の交響曲のサロン席


グループで楽しめるサロン席(3~4人用)

青の交響曲のラウンジ車両


ホテルのラウンジをイメージしたラウンジ車両(2号車)。革張りのソファを配置。

青の交響曲のラウンジ車両

バーカウンターで地元の特産品を活用したスイーツやワインなどを販売します。

西吉野の柿スイーツセット

西吉野の柿スイーツセット

地元ワイナリーの国産ぶどうジュース

地元ワイナリーの国産ぶどうジュース

青の交響曲

車窓からのどかな風景が楽しめます。

吉野川


走行中に吉野川も眺めます。

青の交響曲
吉野駅に到着した青の交響曲

青の交響曲グッズ
キーホルダーやタオルなどのオリジナルグッズを販売

同沿線には、日本遺産に指定された「明日香村」、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録された「金峯山寺」、美しい自然景観を誇る「みたらい渓谷・洞川温泉」など、さまざまなな観光資源に溢れています。特に吉野は日本一ともいわれる桜の名所なので、桜が咲く時期は特急券の争奪戦になりそうです。

大阪阿部野橋駅~吉野駅間を1日4便(2往復)運行。水曜運休。所要時間は約1時間20分で、停車駅は現在の特急停車駅と同じ、大阪阿部野橋・尺土・高田市・橿原神宮前・飛鳥・壺阪山・吉野口・福神・下市口・六田・大和上市・吉野神宮・吉野の各駅。 料金は、大人=720円(特急料金510円+特別車両料金210円)、小児=370円で、それぞれ普通運賃も必要。特急券は乗車日1カ月前の10時30分から販売する。

【関連記事】
あべのハルカスで「青の交響曲」デビュー記念のコラボスイーツ
近畿日本鉄道の観光特急「青の交響曲」 車窓から吉野の景観
近鉄の観光特急「青の交響曲」特急券発売 初日分は6分で完売
近鉄の観光特急「青の交響曲」、スイーツなどの車内メニュー決定
近畿日本鉄道、南大阪線・吉野線の観光特急「青の交響曲」公開

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪阿部野橋駅・天王寺駅周辺で10月29日、8回目となる街バル「アベテンバル」が開かれる。(写真=おこのみNICOの店主と実行委員の森本哲弘さん)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング