プレスリリース

DIY顧客年間100万人を目指すカインズ「DIYer100万人プロジェクト」にパートナー企業として参加いたします!

リリース発行企業:日本ペイントホールディングス株式会社

情報提供:


日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長兼 CEO:田堂哲志)のグループ会社である株式会社ニッペホームプロダクツ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山口一生)は、株式会社カインズ(本社:埼玉県本庄市、代表取締役社長:高塚正行氏)が、日本のDIY文化の定着に向けて2019年11月に始動する「DIYer100万人プロジェクト」に、パートナー企業として参画いたします。
「DIYer100万人プロジェクト」は、株式会社カインズが日本にDIY文化を定着させ、より自分らしく豊かなくらしの実現を目指すプロジェクトです。5年後の2024年までに、ワークショップ参加者やCAINZ工房の利用者、特定の商品購入者など、DIYとの接点を持つカインズの「DIYer」の人数を、年間100万人以上にすることを目標としています。ニッペホームプロダクツは、このプロジェクトにパートナー企業として参画し、ワークショップの拡充のための商品の提供および開催費用の協賛を行い、カインズのビジョンの実現をともに目指してまいります。




【プロジェクトの内容】
1. ワークショップメニューの拡充
シリーズでコーディネートを楽しめるワークショップメニューを新規に導入。単品だけのDIYではなく、作品を1つ1つプラスしていくことで、自分らしいお部屋づくりを提案。さらに、ペット、グリーン、アウトドアなど様々なライフスタイルシーンにマッチする作品づくり、回数を重ねるごとに作品難度とDIYスキルを向上させていくステップアップ型のメニューを導入するなど、自分ならではのくらしをつくる楽しさを提案していきます。
<ステップアップ型メニュー例>
キッチンシリーズ・・・スパイストレー ⇒引き戸付き収納棚 ⇒キッチン収納棚 など

2. パートナー企業制度の開始
プロジェクト始動に際し、DIYを文化にするというカインズのビジョンに賛同したウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社やニッペホームプロダクツなど5社がパートナー企業に選定され、ネジ・工具・接着剤など各社が持つ専門性と強みを活かして、カインズならではのDIY提案へアイデアを出し合い、ワークショップやDIY関連サービス拡充しDIY文化の定着を目指していきます。

【カインズについて】
 株式会社カインズは、28都道府県下に219店舗を展開するホームセンターチェーン。「くらしに、ららら」を企業メッセージとして、日常生活に寄り添うライフスタイル提案と、住空間のトータルコーディネートを意識した商品づくり・店舗づくりを行い、独自の仕入れ・物流システムなどを活用してよりよい商品を低価格で提供している。また、木材だけでなく、食材をスモークして風味を楽しんだり、健康な体づくりへの取り組みなどもDIYと位置づけ、誰でもものづくりを体験できる「CAINZ工房」の設置、ワークショップなどを開催している。

【ニッペホームプロダクツについて】
「日本ペイントホールディングスグループ」のグループ企業として、主に家庭用塗料や塗料用具、その関連商品を販売する塗料メーカー。近年、増加傾向にある女性DIYerをターゲットとしたスタイリッシュな水性塗料「STYLE DIYペンキ(68色)」、さらに「手で塗る!」という斬新なコンセプトで、古民家や南欧風のしっくい風塗り壁へのハードルをグッと身近にする新商品「MORUMORU(モルモル)」などを発売。流行に敏感でこだわりが強い昨今のDIYerに向けた商品開発に力を入れている。
ホームページURL:http://www.nippehome.co.jp/

  • はてなブックマークに追加