プレスリリース

【高校留学が将来のカギに!】保護者の7割以上が「子どもを留学させる前は心配だった」と回答!留学への“期待”と“危険回避”をどうサポートするべき?

リリース発行企業:株式会社アットワールド

情報提供:

海外留学支援事業を行っている「ディーサイド留学情報センター」は、高校生のお子さまを海外に留学させた経験のある保護者を対象に、「海外留学」に関するアンケート調査を実施しました。


あなたのお子さまは、英語を話せますか?

近年、グローバルな思考力を持ち、ワールドワイドに活躍できる人材を必要としている企業が増えています。
その影響もあり、「子どもに言語学習のことで後悔させたくない!」と考える保護者も多いのではないでしょうか。

お子さまがグローバル人材になるための近道の1つとして、「海外留学」という選択肢があります。

そこで今回、海外留学支援事業を行っている「ディーサイド留学情報センター(https://www.d-sidejp.com/)」は、高校生のお子さまを海外に留学させた経験のある保護者を対象に、「海外留学」に関するアンケート調査を実施しました。
お子さまを海外留学させるにあたって、保護者の視点で気になることなど、実際のエピソードも含めて調査したので、ぜひご参考にしてください。

【調査概要】「海外留学」に関するアンケート調査
【調査日】2019年7月8日(月) ~ 2019年7月10日(水)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,046人
【調査対象】高校生のお子さまを海外に留学させた経験のある保護者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


留学する前に保護者が期待すること第1位は語学の習得!

まず、「お子さまが留学する時にどのようなことを期待しましたか?」という質問をすると、『語学の習得(39.7%)』『国際感覚を身に付けてほしい(32.1%)』『様々な人に対するコミュニケーション能力(17.7%)』『適応力を身に付けてほしい(8.6%)』という順で続きました。
せっかく海外に行かせるからこそ、やはり語学や国際感覚をしっかりと身に着けて欲しいと考える方が多いようです。

次に、「お子さまを留学させる前に心配なことはありましたか?」という質問をすると、7割以上の方が『はい(74.0%)』と回答しました。

「心配だったことを教えてください」と聞いてみると、『事件に巻き込まれないか(42.6%)』という回答が最も多く、次いで、『学校生活に馴染めるか(23.3%)』『体調を崩さないか(16.4%)』『海外の食生活が合うか(15.9%)』と続きました。
保護者にとって、お子さまが異国の地で学ぶことに対する期待も大きいですが、それに伴った危険や、異文化での生活に馴染めるか心配な方も多いようです。


トラブルの対処方法として、4割近くの方が『留学時のサポート会社に頼んだ』と回答!

留学に行く前の心配事として、『事件に巻き込まれないか』という回答が多く集まりましたが、留学中に実際に起きたトラブルはどのようなものがあったのでしょうか。
そこで、「お子さまの留学中、トラブルはありましたか?」という質問をすると、2割近くの方が『あった(19.7%)』と回答しました。


『あった』と回答した方に対して、「どのようなトラブルでしたか?」と聞いたところ、
・『異文化に馴染めず悩んでしまった』(埼玉県/会社員/40代男性)
・『ホームシックにより体調不良を起こした』(愛知県/会社員/60代女性)
・『お金を盗まれた』(富山県/経営者・役員/30代男性)
・『ステイ先で十分な食事を与えてもらえなかった』(兵庫県/会社員/60代男性)

などの声が集まりました。

「その時どのような対処をしましたか?」という質問をすると、『留学時のサポート会社に頼んだ(38.5%)』『現地の学校の先生に相談した(25.9%)』『子どもに自力で対処させた(19.5%)』『電話で直接アドバイスをした(8.3%)』という順になりました。
「トラブルにあった時は、留学のプロフェッショナルであるサポート会社に頼み、解決に繋げた」という方が多いことがわかりました。


留学後の成長にびっくり!留学して良かったこと・その後の進路について調査しました。

ここまではトラブルについて調査をしましたが、「留学させて良かったことを教えてください」という質問をすると、
・『語学力、国際感覚が向上した』(茨城県/無職/60代男性)
・『自立心が大きく芽生えた』(千葉県/会社員/50代男性)
・『本人に自信がついた』(東京都/会社員/50代男性)
・『視野が広がり行動力がついた』(福岡県/パート・アルバイト/50代女性)

といった声が集まりました。

留学は本人だけでなく、保護者から見ても有意義な体験となっていることがわかりますね。

続いて、「留学後のお子さまの進路について教えてください」という質問をすると、
・『海外事業部に就職した』(広島県/会社員/40代男性)
・『外国語系大学に進学し、外資系銀行に就職』(京都府/無職/50代女性)
・『大学へ進学後、またホームステイで留学した』(京都府/無職/60代男性)
・『英語の先生になった』(宮崎県/専業主婦/60代女性)

などの回答が集まりました。

10代の多感な時期に留学をすることは、保護者やお子さまにとっても、不安や悩みが多いと思います。
しかし、それ以上に経験・学び・成長を得ることで、お子さまにワールドワイドな思考力が身に付き、将来の選択肢を広げる機会に繋がるでしょう。
お子さまの海外留学を考えている保護者は、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。


高校留学ワールド



お子さまの人生に大きな影響を与える海外留学時におすすめなのが、ディーサイド留学情報センターの運営している『高校留学ワールド(https://www.highschool-world.com/)』です。
豊富な実績から、中高生という大事な時期を未来につなげるために、「ジュニア留学に対する知識」と「未来につなげるための選択」をサポートします。
留学場所は、アメリカ・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア・イギリス・アイルランドの6か国をメインに紹介しており、1000校以上の教育機関や教育委員会との密接的なパートナーシップを結んでおります。
それぞれの適正などを考え、お子さまに本当に合った留学先を選ぶことができます。

適正を把握するためのカウンセリングも丁寧に行っていることもあり、留学前から留学中まで手厚くサポートしています。
お子さまが高校生のうちに海外留学を経験させて、未来の選択肢を増やしてあげたいと考えている保護者は、ぜひディーサイド留学情報センターの『高校留学ワールド(https://www.highschool-world.com/)』で留学を検討してみてはいかがでしょうか。


■高校留学ワールド:https://www.highschool-world.com/
■株式会社アットワールド/ディーサイド留学情報センター:https://www.d-sidejp.com/
■TEL:03-5341-4620
■資料請求:https://www.highschool-world.com/form/form_siryo

  • はてなブックマークに追加